背骨(脊柱)の骨折による後遺障害

 
交通事故では事故の衝撃によって背骨をひどく痛めてしまうことがあり、場合によっては骨折を伴う怪我を負うことがあります。 背骨の骨折症状の中でも、衝撃により脊髄が押しつぶされるように変形してしまう骨折するものを「脊椎圧迫骨折」と言います。
 
通常我々が使う「背骨」と言う単語は「脊柱」(せきちゅう)の俗称です。脊柱(背骨)は、頭部から臀部にかけて「脊椎骨」(せきついこつ)と呼ばれる脊椎の分節からなる各々の骨が、椎間板(ついかんばん)を挟んで列状に形づくられており、頸椎7個・胸椎12個・腰椎5個の計24個から構成されおり、最後の第5腰椎の尾末には、仙骨・尾骨があります。(ただし後遺障害等級表上の「脊柱」の障害には仙骨・尾骨は含まれません。)
 
脊柱(背骨)の自賠責保険における後遺障害等級は、脊柱の変形障害と運動障害に着目して以下の通り認定されています。
 

脊柱の変形障害

6級5号 脊柱に著しい変形を残すもの
11級7号 脊柱に変形を残すもの

 

 

脊柱の運動障害

6級5号 脊柱に著しい変形または運動障害を残すもの
8級2号 脊柱に運動障害を残すもの

 

背骨(脊柱)の変形障害では、変形した椎体の前方高が後方高に比して 50 %以上で、脊椎の圧迫骨折や脱臼で 2 個以上の椎体に変形が認められることが、6 級 5 号の認定に必要な条件となります。

 
同様の変形が1 個の椎体で生じた場合は、 8 級 2 号が認められます。
 

 

詳細については、厚生労働省の「障害等級表」(リンク)をご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/061013-3.html
交通事故による、背骨(脊柱)の骨折による後遺障害について何かお困りなことがありましたら、守口門真総合法律事務所までお気軽にご相談ください。


後遺障害等級についてその他のコンテンツはこちら

脊柱骨折による後遺障害 その他の体幹骨折による後遺障害
鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨および骨盤骨などの骨折による後遺障害
頸椎捻挫・腰椎捻挫(むち打ち)の後遺障害
脊髄損傷の後遺障害 頚椎・胸椎・腰椎の圧迫骨折等による後遺障害
下肢(股関節・膝・足首・足指)の後遺障害 外傷性てんかんの後遺障害
高次脳機能障害 頭痛の後遺障害
遷延性意識障害 RSDなどの特殊の頭痛の後遺障害
眼の後遺障害 鼻の後遺障害
耳の後遺障害 口の後遺障害


 

 

 

 

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

 

アクセスマップ

TOPへ戻る


 

Copyright (C) 2011 守口門真総合法律事務所 All Rights Reserved.