• HOME
  • 後遺障害等級
  • 鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨および骨盤骨などの骨折による後遺障害

鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨および骨盤骨などの骨折による後遺障害

 
ここでは、鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨および骨盤骨などに著しく変形が生じて骨折した場合の後遺障害についてご説明します。 これら鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨および骨盤骨といった体幹骨の変形障害は、医師だけでなく被害者自身も見逃してしまう場合が多いので、注意が必要です。
 

鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨および骨盤骨などの骨折による後遺障害

12級5号 鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
 
2 箇所以上の変形が体幹骨に存在する場合、変形箇所を併合し 11 級の認定としています。
 

 

詳細につきましては、厚生労働省の「障害等級認定基準」をご確認ください。(リンク)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/syogai.html

 

交通事故による、鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨および骨盤骨などの骨折による後遺障害について何かお困りなことがありましたら、守口門真総合法律事務所までお気軽にご相談ください。


後遺障害等級についてその他のコンテンツはこちら

脊柱骨折による後遺障害 その他の体幹骨折による後遺障害
鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨および骨盤骨などの骨折による後遺障害
頸椎捻挫・腰椎捻挫(むち打ち)の後遺障害
脊髄損傷の後遺障害 頚椎・胸椎・腰椎の圧迫骨折等による後遺障害
下肢(股関節・膝・足首・足指)の後遺障害 外傷性てんかんの後遺障害
高次脳機能障害 頭痛の後遺障害
遷延性意識障害 RSDなどの特殊の頭痛の後遺障害
眼の後遺障害 鼻の後遺障害
耳の後遺障害 口の後遺障害


 

 

 

 

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

 

アクセスマップ

TOPへ戻る


 

Copyright (C) 2011 守口門真総合法律事務所 All Rights Reserved.