「むちうち」(頸椎捻挫や腰椎捻挫など)の後遺障害

 
交通事故の発生時に最も多い怪我の症状は一般的に「むちうち」と呼ばれるものです。 病院など医療機関では「むちうち」は、頸椎捻挫・頸部挫傷・外傷部頸部捻挫・外傷性頸部症候群・バレ・リュー症候群などの傷病名で表記されます。
 
通常「むちうち」は、後遺障害等級に該当しないと判断されてしまうケースが多いようですが、後遺障害等級の認定基準を正しく把握し、医学的資料の揃えと主張を的確に行えば、十分、後遺障害認定を受けることは可能です。
 
「むちうち」の後遺障害は、以下の通り12級・14級が定められています。
 

「むちうち」(頸椎捻挫や腰椎捻挫など)の後遺障害

12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号 局部に神経症状を残すもの
 

「むちうち」の症状で後遺障害の等級認定を受けることが出来るケース

頚部神経根症状 … 頸部(首の部分)痛がある・頚部の左右いずれからか手指にかけて痺れ感がある・重さやだるさ感がある
腰部神経根症状 … 腰の痛みがある・腰部の左右いずれからか足の指にかけて痺れ感がある・重さやだるさ感がある
 
以上の症状が『怪我をした直後から症状固定まで一貫して持続している』こと
 

 

「むちうち」で障害等級認定を受けることのできる症例

①自覚症状があること

医師に、痛み・シビレ・頭痛・めまい・吐き気・だるさ等の自覚症状があることを伝え、後遺障害診断書の「自覚症状」の欄にその旨を記載してもらってください。

 
②画像所見があること
MRIなどの画像診断による医師の所見「画像所見」が必ず必要です。特に交通事故直後のMRI画像は神経根圧迫状態等の経過を観察する上で非常に重要です。したがって通院する際は、MRIを設置している病院を選ぶようにしましょう。
 
③医師による神経学的検査で、異常所見が示されること

神経学的検査の手法は、病的反射検査・腱反射検査・筋力検査・知覚検査・筋萎縮検査・徒手筋力検査・スパーリングテスト・ジャクソンテスト・ラセーグテスト・SLRテスト・FNSテスト・バレーサインといったものが存在します。神経学的検査により、異常所見が示されたら、必ず医師にその旨を後遺障害診断書に記載してもらってください。

 
④継続的に整形外科に通院すること
病院と異なり、整骨院や接骨院、鍼灸、やカイロプラクティック・などは、そもそも治療の必要性や相当性が争われることが多いです。また整骨院等では、後遺障害診断書は作成できません。医師の許可がある場合に整骨院等に通うことは構いませんが、基本的には整形外科に通院するようにしてください。
 
⑤受けた傷に対して、医師から「病状固定」の診断がおりるまで、リハビリのための通院を続けてください。
 
交通事故による「むちうち」(頸椎捻挫や腰椎捻挫)の後遺障害について、何かお困りなことがありましたら、守口門真総合法律事務所までお気軽にご相談ください。



後遺障害等級についてその他のコンテンツはこちら

脊柱骨折による後遺障害 その他の体幹骨折による後遺障害
鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨および骨盤骨などの骨折による後遺障害
頸椎捻挫・腰椎捻挫(むち打ち)の後遺障害
脊髄損傷の後遺障害 頚椎・胸椎・腰椎の圧迫骨折等による後遺障害
下肢(股関節・膝・足首・足指)の後遺障害 外傷性てんかんの後遺障害
高次脳機能障害 頭痛の後遺障害
遷延性意識障害 RSDなどの特殊の頭痛の後遺障害
眼の後遺障害 鼻の後遺障害
耳の後遺障害 口の後遺障害


 

 

 

 

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

 

アクセスマップ

TOPへ戻る


 

Copyright (C) 2011 守口門真総合法律事務所 All Rights Reserved.