外傷性てんかんの後遺障害

 
外傷性てんかんとは、交通事故などの外傷をきっかけとして発症するてんかん発作(けいれん発作)をいいます。
 
脳の病変部を焦点として異常放電が起こり、それが脳全体に広がってけいれん発作を起こすことが多いとされています。
 
てんかんの後遺障害等級は、発作の型、回数により定型的に認定されます。 
 
また、てんかんが交通事故によって発症したことを証明できなければなりません。
 
一般的には以下の条件に該当することが必要です。
①発作がまさしくてんかん発作であること
②労災事故による受傷前にてんかん発作はなかったこと
③外傷は脳損傷を起こすのに十分な程度の強さであったこと
④労災事故による受傷後初めてのてんかん発作が、外傷後あまり経過していない時期に起こったこと
⑤他にてんかん発作を起こすような脳や全身疾患を有していないこと
⑥てんかんの発作型、脳波所見が脳損傷部位と一致していること
 

 

外傷性てんかんの後遺障害

5級2号 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
「1か月に1回以上の発作があり、かつ、その発作が意識障害の有無を問わず転倒する発作または意識障害を呈し、状況にそぐわない行為を示す発作であるもの」
 
 
7級3号 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
「転倒する発作等が数か月に1回以上あるものまたは転倒する発作以外の発作が1か月に1回以上あるもの」
 
 
9級2号 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されているもの
「転倒する発作等が数か月に1回以上あるものまたは転倒する発作以外の発作が1か月に2回以上あるもの」
 
 
12級12号 局部に頑固な神経症状を残すもの
「発作の発現はないが、脳波上に明らかにてんかん性棘波を認めるもの」
 

 

 

お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。


後遺障害等級についてその他のコンテンツはこちら

脊柱骨折による後遺障害 その他の体幹骨折による後遺障害
鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨および骨盤骨などの骨折による後遺障害
頸椎捻挫・腰椎捻挫(むち打ち)の後遺障害
脊髄損傷の後遺障害 頚椎・胸椎・腰椎の圧迫骨折等による後遺障害
下肢(股関節・膝・足首・足指)の後遺障害 外傷性てんかんの後遺障害
高次脳機能障害 頭痛の後遺障害
遷延性意識障害 RSDなどの特殊の頭痛の後遺障害
眼の後遺障害 鼻の後遺障害
耳の後遺障害 口の後遺障害


 

 

 

 

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

 

アクセスマップ

TOPへ戻る


 

Copyright (C) 2011 守口門真総合法律事務所 All Rights Reserved.