高次脳機能障害の後遺障害

 
高次脳機能障害とは、交通事故の衝撃により、脳みそが強くゆすられ、脳内にズレが生じ、大脳表面と脳幹部・大脳辺縁系を結ぶ神経が切断・損傷して、広範な神経連絡機能の断絶を生じる病態をいいます。
 
言語・思考・記憶・行為・学習・注意などに障害が起きた場合は、高次脳機能障害である場合が高いといえます。
 
ただし、高次脳機能障害の方は、一見普通に見えるため、特に問題がないように思われがちですが、事故前と比べて、記憶力や集中力が低下したり、感情のコントロールが出来なくなったり、他人と協調できなくなったりします。少しでも可能性がある場合は、お早めにご相談ください。
 

高次脳機能障害の後遺障害

1級1号 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
「身体機能は残存しているが高度の痴呆があるために、 生活維持に必要な身の回り動作に全面的介助を要するもの」
※生活維持に必要な身の回り動作
 =食事・入浴・用便・更衣等

2級1号 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
「著しい判断力の低下や情動の不安定などがあって1人で外出することができず、日常の生活範囲は自宅内に限定されている。身体動作的には排泄、食事などの活動を行うことができても、生命維持に必要な身辺動作に、家族からの声掛けや看視を欠かすことができないもの」

3級3号    神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
「自宅周辺を1人で外出できるなど、日常の生活範囲は自宅に限定されていない。また声掛けや、介助なしでも日常の動作を行える。しかし記憶や注意力、新しいことを学習する能力、障害の自己認識、円滑な対人関係維持能力などに著しい障害があって、一般就労が全くできないか、困難なもの」

5級2号       神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
「単純くり返し作業などに限定すれば、一般就労も可能。ただし新しい作業を学習できなかったり、環境が変わると作業を継続できなくなるなどの問題がある。このため一般人に比較して作業能力が著しく制限されており、就労の維持には、職場の理解と援助を欠かすことができないもの」

7級4号 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
「一般就労を維持できるが、作業の手順が悪い、約束を忘れる、ミスが多いなどのことから一般人と同等の作業を行うことができないもの」

9級10号 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されているもの
「一般就労を維持できるが、問題解決能力などに障害が残り、作業効率や作業持続力などに問題があるもの」
 

高次脳機能障害で等級認定をしてもらうには

①以下の傷病名が認定診断されていること
・脳挫傷、びまん性軸策損傷、びまん性能損傷
・急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血
・脳室出血
・骨折後の脂肪塞栓で呼吸障害を発症
・脳に供給される酸素が激減した低酸素脳症
 
②画像所見が得られていること
・XP、CT、連続した画像、MRI T2フレアー
 
③頭部外傷後の意識障害、もしくは健忘症あるいは軽度意識障害

 
お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。


後遺障害等級についてその他のコンテンツはこちら

脊柱骨折による後遺障害 その他の体幹骨折による後遺障害
鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨および骨盤骨などの骨折による後遺障害
頸椎捻挫・腰椎捻挫(むち打ち)の後遺障害
脊髄損傷の後遺障害 頚椎・胸椎・腰椎の圧迫骨折等による後遺障害
下肢(股関節・膝・足首・足指)の後遺障害 外傷性てんかんの後遺障害
高次脳機能障害 頭痛の後遺障害
遷延性意識障害 RSDなどの特殊の頭痛の後遺障害
眼の後遺障害 鼻の後遺障害
耳の後遺障害 口の後遺障害


 

 

 

 

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

 

アクセスマップ

TOPへ戻る


 

Copyright (C) 2011 守口門真総合法律事務所 All Rights Reserved.