眼の後遺障害

 
眼の障害については、眼球障害とまぶたの障害の二つに分かれます。眼球障害には、視力障害、調節機能障害、運動障害・福視、視野障害があり、まぶたの障害には、欠損障害と運動障害があります。
 

視力障害

1級1号  両眼が失明したもの
2級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
2級2号 両眼の視力が0.02以下になったもの
3級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
4級1号 両眼の視力が0.06以下になったもの
5級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
6級1号 両眼の視力が0.1以下になったもの
7級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
8級1号 1眼が失明し、または1眼の視力が0.02以下になったもの
9級1号 両眼の視力が0.6以下になったもの
9級2号 1眼の視力が0.06以下になったもの
10級1号 1眼の視力が0.1以下になったもの
13級1号 1眼の視力が0.6以下になったもの

調節機能障害

11級1号  両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
12級1号 1眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの

 

運動障害

10級2号 正面を見た場合に複視の症状を残すもの
11級1号 両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
12級1号 1眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
13級2号 正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
 

視野障害

9級3号 両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
13級3号 正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの

 

まぶたに関する障害

9級4号 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
11級3号 1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
12級2号 1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
13級4号 両眼のまぶたの1部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
14級1号 1眼のまぶたの2部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの

目の後遺障害を認定されるためには、①障害の有無を立証し、②事故との因果関係を立証する必要があります。
 
お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。


後遺障害等級についてその他のコンテンツはこちら

脊柱骨折による後遺障害 その他の体幹骨折による後遺障害
鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨および骨盤骨などの骨折による後遺障害
頸椎捻挫・腰椎捻挫(むち打ち)の後遺障害
脊髄損傷の後遺障害 頚椎・胸椎・腰椎の圧迫骨折等による後遺障害
下肢(股関節・膝・足首・足指)の後遺障害 外傷性てんかんの後遺障害
高次脳機能障害 頭痛の後遺障害
遷延性意識障害 RSDなどの特殊の頭痛の後遺障害
眼の後遺障害 鼻の後遺障害
耳の後遺障害 口の後遺障害


 

 

 

 

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

 

アクセスマップ

TOPへ戻る


 

Copyright (C) 2011 守口門真総合法律事務所 All Rights Reserved.