鼻の後遺障害

 
「鼻の欠損」とは、鼻軟骨部の全部または大部分の欠損をいい、「その機能に著しい障害を残すもの」とは、鼻呼吸困難または嗅覚脱失をいいます。
 

鼻の後遺障害

9級5号  鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
12級相当 嗅覚を脱失または鼻呼吸困難が存するもの
14級相当 嗅覚の減退するもの
 
 
嗅覚の脱出は、T&Tオルファクトメーターで検査を受け、検査結果はオルファクトグラムで表示されます。検査結果が5.6以上で嗅覚の脱失12級相当、2.6以上5.5以下が嗅覚の減退14級相当です。
アリナミンテストでは正確性に欠けるため、T&Tオルファクトメーターでの検査を推奨します。
 
鼻の欠損に関しては顔面の醜状痕ととらえる事ができるので、どちらの後遺障害で等級を獲得するのか検討しなければなりません。
 
お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。


後遺障害等級についてその他のコンテンツはこちら

脊柱骨折による後遺障害 その他の体幹骨折による後遺障害
鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨および骨盤骨などの骨折による後遺障害
頸椎捻挫・腰椎捻挫(むち打ち)の後遺障害
脊髄損傷の後遺障害 頚椎・胸椎・腰椎の圧迫骨折等による後遺障害
下肢(股関節・膝・足首・足指)の後遺障害 外傷性てんかんの後遺障害
高次脳機能障害 頭痛の後遺障害
遷延性意識障害 RSDなどの特殊の頭痛の後遺障害
眼の後遺障害 鼻の後遺障害
耳の後遺障害 口の後遺障害


 

 

 

 

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

 

アクセスマップ

TOPへ戻る


 

Copyright (C) 2011 守口門真総合法律事務所 All Rights Reserved.