• HOME
  • 過失割合について

過失割合について

 

自動車事故を起こしてしまった時にみなさんが気になるのは、自分の過失割合がいくらあるのか?ということではないでしょうか。

 

過失とは動車の運転者の不注意を言います。

しかし、自動車だけでなく自転車や歩行者などの交通弱者でも過失が発生する場合があります。

 

例えば、信号を無視して交差点を渡る歩行者が事故に遭えば、歩行者側に重大な過失があります。

 

過失割合とは、”30:70”などのように表されるように、交通事故が起きた原因を双方の過失の割合で数値化したものです。

この数字によって、その後の自賠責保険の支払いや任意保険の支払いにまでも影響してくるのです。

 

事故の過失割合は、裁判所の判例を基本にして作られた基準があり、事故の状況をその基準に照らして判断しています。

 

事故の当事者である契約者、事故の相手(保険加入があれば、保険会社)からお話を聞きながら、道路の状況や双方のスピード、一時停止をしたかなどを考慮して個別に判断しています。

流れとしては、両当事者から事故状況を詳細に聴取し、必要に応じて事故現場に出向いて調査したり、届出警察や検察庁などで調査したりします。

 

そして、過失割合認定基準を元に過失割合の判断をし、契約者の了解を得て相手方と交渉し、最終的な過失割合を決定します。

 

 

 

過失割合に関する判例

判例を大きく分けると、どちらかが止まっている状態の事故とそうでない事故に分けることができます。

片方の車が止まっていて、そこに追突したというような場合であれば、追突した側の100%の責任となるケースが多く見受けられます。(必ず100%の責任となるという事ではありません。)

 

しかし、そうでない事故(例えば動いている車同士の事故等)の場合は、双方に注意義務が生じ、赤信号無視などの特殊な場合を除くと、一方の過失責任が100%となるケースは少ないのが現実です。

 

 

 

過失割合の解決事例

バイクで走行中、駐車場から出てきた自動車に接触された事案です。

被害者の自力での交渉に限界を感じたため依頼されました。

傷害状況:右手骨折、両膝打撲 通院期間63日、実通院日数32日

被害者過失10%ですが妥当な割合であり、通院慰謝料が問題となりました。

保険会社からの当初提示された通院慰謝料の額は294,600円でした。それに対して、こちらはからの提示は通院2.1ヶ月として541,000円(裁判基準)です。

 

最終的には384,600円での示談となりました。

 

増加額は90,000円程度ですが、このような少額であっても、増加の可能性が見込まれればお手伝いいたしますので、お気軽にご依頼下さい。

 

 

 

 

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

 

アクセスマップ

TOPへ戻る


 

事務所概要

大阪府守口市寺内町2-7-27
富士火災守口ビル5階

外観

アクセスマップ 

アクセスマップ

アクセスはこちら 

事務所紹介

守口門真総合法律事務所
営業時間9:00~18:00
〒570-0056
大阪府守口市寺内町2丁目7番27号 富士火災守口ビル5階
京阪守口市駅西出口徒歩1分

jimusho_bn.jpg

saimuseiri_bn.jpg


hudo-san_bn.jpg


rikon_bn.jpg


kigyou-homu_bn.png

Copyright (C) 2011 守口門真総合法律事務所 All Rights Reserved.