• HOME
  • 示談交渉とは

交通事故の示談交渉とは

 

症状固定の段階から始まる広い意味での示談交渉は、終始、保険会社のペースで進みますが、適切な時期に適切な主張を行わないと、どんどん保険会社のペースに飲まれてしまい、本来受領できるはずの賠償を十分に受領できなくなります。

 

では、どのように示談交渉を進めれば、適切な賠償額を受領することができるのか。
ポイントは、①保険会社の主張について「おかしい。間違っている。」と思うことがあれば、その旨をきちんと保険会社に伝えること、②その際にご自身の主張を裏付ける証拠を用意すること、そして、③冷静に粘り強く交渉することの3つです。その他にも、様々なポイントがありますが、以上の3つがまずは重要です。


そして、特に重要なのが、③の「冷静に粘り強く交渉すること」です。
保険会社にとっては、賠償額を減額することが至上命題ですので、当然、最初に提示する賠償額は、本来受領できる賠償額よりも低額に抑えられています。そして、粘り強く交渉を続けることで、徐々に、賠償額が本来受領できる適切な賠償額に近づいていきます。
したがって、保険会社から、「これが上限ですよ。裁判しても勝てませんよ。」と言われても、納得できないのであれば、納得できるまで粘り強く交渉してください。
また、時々、保険会社の担当者の言葉遣いや一方的な物言いに興奮してしまい、保険会社と口論になってしまわれる方がおられますが、あまり得策とはいえません。冷静に説得的に交渉をするようにして下さい。

 

損害賠償額を試算するときの注意すべきポイント

損害賠償額を試算するには、被害者の「基礎の事情」によって試算していきます。

「基礎の事情」とは被害者はどれくらいの収入か、後遺症が残った場合の程度はどれくらいか、過失割合はどれくらいか、慰謝料の額はどれくらいが妥当か、ということです。

被害者側と加害者側が、それぞれ自分が有利となる条件を採用しようとするので、双方で損害賠償額の算定に差が出てくるというわけです。

被害者としては、自分が算定した損害賠償額の根拠の妥当性を、証拠を持って主張していくことで示談交渉を有利に展開していかなければなりません。

 

 

 

 

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

 

アクセスマップ

TOPへ戻る


 

事務所概要

大阪府守口市寺内町2-7-27
富士火災守口ビル5階

外観

アクセスマップ 

アクセスマップ

アクセスはこちら 

事務所紹介

守口門真総合法律事務所
営業時間9:00~18:00
〒570-0056
大阪府守口市寺内町2丁目7番27号 富士火災守口ビル5階
京阪守口市駅西出口徒歩1分

jimusho_bn.jpg

saimuseiri_bn.jpg


hudo-san_bn.jpg


rikon_bn.jpg


kigyou-homu_bn.png

Copyright (C) 2011 守口門真総合法律事務所 All Rights Reserved.