• HOME
  • 後遺障害の認定に納得ができない!

後遺障害の認定に納得ができない!

 

後遺障害の等級認定の結果を受領した後,認定結果に納得がいかない場合には,損害保険料算出機構に対して不服を申し立てることができます(いわゆる異議申立)。その他に,財団法人自賠責保険・共済紛争処理機構という第三者機関に対して不服を申し立てる方法もあります。


そして、いずれの方法による場合でも,①主治医の意見書や,②精度の高いMRI画像,③被害者が事故状況や事故後の生活状況,痛みの程度などを述べた陳述書などの追加資料を提出する必要があります。


ただ,実際には,一度決定された等級の認定を覆すのは至難の業です。したがって,自身の認定結果に納得がいかず,不服申し立てをご希望の場合には,必ず,弁護士のアドバイスを受けるようにしてください。


また,一度決定された等級の認定を覆すのが難しい以上,最初の申請で適切な等級認定を受けることがより重要になります。そのためには,交通事故に遭った直後から,弁護士のアドバイスを受けながら,治療を進めることが重要です。医師との関係や,自覚症状の重要性,診断書の記載方法,通院の期間及び通院の間隔,後遺障害診断書の記載方法等,注意すべき点が多数ありますので,特に,後遺障害が残りそうな重い障害を被られた方は,適切な賠償を受領するためには,弁護士のアドバイスが必須と言えます。

 

 

 

 

 

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

 

アクセスマップ

TOPへ戻る


 

事務所概要

大阪府守口市寺内町2-7-27
富士火災守口ビル5階

外観

アクセスマップ 

アクセスマップ

アクセスはこちら 

事務所紹介

守口門真総合法律事務所
営業時間9:00~18:00
〒570-0056
大阪府守口市寺内町2丁目7番27号 富士火災守口ビル5階
京阪守口市駅西出口徒歩1分

jimusho_bn.jpg

saimuseiri_bn.jpg


hudo-san_bn.jpg


rikon_bn.jpg


kigyou-homu_bn.png

Copyright (C) 2011 守口門真総合法律事務所 All Rights Reserved.