• HOME
  • 慰謝料について

慰謝料について

1)慰謝料とは

慰謝料について

そもそも,慰謝料とはなんでしょうか。
慰謝料とは,法的には,精神的損害に対する損害賠償金のことを言います。交通事故においては,①入通院慰謝料,②後遺障害慰謝料,③死亡による慰謝料,④近親者の慰謝料等があげられます。
直接生じた損害の賠償と違って,精神的な損害を金銭的に評価するのが慰謝料であり,被害者同士の公平のため,交通事故の慰謝料は,実務上一定の基準に従って計算されています。もっとも,慰謝料を増額すべき事情がある場合は,個別の事故態様を見て慰謝料の調整が行われることもあります。

2)慰謝料の対象

交通事故においては,原則として,物損(車が壊れた・積んでいた荷物が壊れた等)については慰謝料請求の対象ではありません。なぜなら,物損は財産に対する損害であり,物損により精神的損害を負った場合も,その精神的損害は,財産的損害に対する賠償を受けることで回復されると考えられているからです。
従って,慰謝料請求が可能なのは原則として人身損害に関する請求に限られます。

3)入通院慰謝料とは

入通院慰謝料とは,交通事故により病院等の医療機関への入院・通院をせざるを得なかったことによって生じた精神的損害に対する慰謝料のことを言います。

4)後遺障害慰謝料とは

後遺障害とは,治療を続けても大幅な改善が見込めず,回復・憎悪がなくなった段階(症状固定といいます)において,なお残ってしまった障害のことをいいます。
交通事故の被害者が傷害を負ってしまい,後遺障害が残ってしまった場合には,後遺障害が残ったことに対し,慰謝料を請求することができます。この慰謝料を後遺障害慰謝料といいます。
後遺障害は,自動車損害賠償保障法施行令(自賠法施行令)に定める等級の認定を受けることにより認定され,慰謝料の基準はこの後遺障害等級ごとに定められています。

5)死亡による慰謝料・近親者の慰謝料とは

交通事故の被害者が死亡した場合,死亡させられたことに対し慰謝料請求をすることができます。
また,被害者の近親者にも近親者固有の慰謝料請求権が認められます。

6)慰謝料の支払基準

慰謝料の支払基準は①自賠責保険基準,②保険会社基準,③裁判基準の三段階があります。

①自賠責保険基準
政令により,上限が定められています。比較的迅速な支払を受けられるのがメリットですが,支払金額の上限が決まっているため,最低限の救済基準ということになります。
②保険会社基準
自賠責保険基準よりは高く,裁判所基準より低い保険会社独自の基準です。保険会社は,この基準に基づいて示談金の提示を行います。保険会社にいわれるまま,示談に応じることで,多大な不利益を被る可能性があります。
③裁判基準
保険会社基準より高額な,裁判所の一応の目安とされる基準です。弁護士が介入することにより,裁判所基準を前提とした示談交渉をすることが可能になります。

 

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

 

アクセスマップ

TOPへ戻る


 

事務所概要

大阪府守口市寺内町2-7-27
富士火災守口ビル5階

外観

アクセスマップ 

アクセスマップ

アクセスはこちら 

事務所紹介

守口門真総合法律事務所
営業時間9:00~18:00
〒570-0056
大阪府守口市寺内町2丁目7番27号 富士火災守口ビル5階
京阪守口市駅西出口徒歩1分

jimusho_bn.jpg

saimuseiri_bn.jpg


hudo-san_bn.jpg


rikon_bn.jpg


kigyou-homu_bn.png

Copyright (C) 2011 守口門真総合法律事務所 All Rights Reserved.