• HOME
  • 相手方に請求できる損害

相手方に請求できる損害

1)人身事故の場合

相手方に請求できる損害

交通事故には,人が怪我を負ったりする人身事故と,人に怪我はなく車両や建物などに損害が発生する物損事故の2種類があります。
まず,人身事故の場合に,相手方に請求できる損害は,概ね,以下のとおりです。

① 積極損害(被害者が事故が原因で支払ったお金)
積極損害には,治療費,通院交通費,入院雑費,付添看護費,義足や車椅子などの装具費,家屋等改造費,将来の手術費,葬祭関係費,弁護士費用などがあります。
② 消極損害(被害者が事故により失ったお金)
次に,消極損害には,休業損害,後遺障害による逸失利益,死亡による逸失利益があります。
③ 慰謝料(被害者が事故により被った精神的な苦痛を補うためのお金)
最後に,慰謝料には,通院慰謝料,後遺障害慰謝料,死亡慰謝料があります。

2)物損事故の場合

次に,物損事故の場合に,相手方に請求できる損害について,積極損害と消極損害に分けて列挙します。

① 積極損害
まず,車両が修理可能の場合には,修理費,事故車両となることによる評価損などがあります。他方,修理が不可能の場合には,事故当時の価値相当額,各種買換え費用などがあります。また,共通するものとしては,代車使用料などがあります。
② 消極損害
次に,消極損害には,営業損害,休車損害などがあります。

3)お伝えしたいこと

人身事故,物損事故,それぞれの場合に相手方に請求できる損害は,概ね以上のとおりですが,具体的にどのような損害を相手に対して請求できるかについては,専門的知識を要します。相手方と示談交渉をする際には,一度,弊所にご相談ください。

 

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

 

アクセスマップ

TOPへ戻る


 

事務所概要

大阪府守口市寺内町2-7-27
富士火災守口ビル5階

外観

アクセスマップ 

アクセスマップ

アクセスはこちら 

事務所紹介

守口門真総合法律事務所
営業時間9:00~18:00
〒570-0056
大阪府守口市寺内町2丁目7番27号 富士火災守口ビル5階
京阪守口市駅西出口徒歩1分

jimusho_bn.jpg

saimuseiri_bn.jpg


hudo-san_bn.jpg


rikon_bn.jpg


kigyou-homu_bn.png

Copyright (C) 2011 守口門真総合法律事務所 All Rights Reserved.