• HOME
  • 逸失利益について

逸失利益について

1)逸失利益とは

逸失利益について

交通事故による障害が原因となり,後遺障害が生じることがあります。
逸失利益とは,交通事故による後遺障害がなければ得られていたことが予想される収入等の利益のことといいます。逸失利益は,実際に得られていたはずの利益が得られなかったのですから,損害(消極損害)であり,加害者に対して賠償請求をすることができます。

2)算定式

逸失利益の算定式はこちらです。

後遺障害逸失利益 =基礎収入(1年あたり) × 労働能力喪失期間に対する係数(ライプニッツ式によることが多い)× 労働能力喪失率

以下,算定式がどのようにしてできているかを解説いたします。

3)算定方法

①ライプニッツ係数について
逸失利益は,1年あたりの基礎収入と後遺障害によって労働能力を失ってしまうとされる期間(労働能力喪失期間)とを掛け算することにより算定します。
しかし,実際の支払いは,一括払いが原則です。そこで,算定された逸失利益の一時金の額を,年払いとして支払われるはずの金額として評価し直す必要があります。
具体的には,中間利息の控除という計算をする必要があります。中間利息の控除は,労働能力喪失期間に対応した一定の係数(一般的に「ライプニッツ式」と言われる係数が使用されます)を掛け算する方法で計算します。
②労働能力喪失率について
労働能力喪失の程度・割合は「労働能力喪失率」という形で判断します。
後遺障害は,自動車損害賠償保障法施行令(自賠法施行令)に定める等級の認定を受けることにより認定され,労働能力喪失率は,等級に応じて定められた自賠責保険支払基準の労働能力喪失率表により算定されるのが原則です。
もっとも,訴訟では,事故前に行っていた仕事の内容等の個別具体的な事情を加味した上で,修正される場合もあります。

 

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

 

アクセスマップ

TOPへ戻る


 

事務所概要

大阪府守口市寺内町2-7-27
富士火災守口ビル5階

外観

アクセスマップ 

アクセスマップ
-->

アクセスはこちら 

事務所紹介

守口門真総合法律事務所
営業時間9:00~18:00
〒570-0056
大阪府守口市寺内町2丁目7番27号 富士火災守口ビル5階
京阪守口市駅西出口徒歩1分

jimusho_bn.jpg

saimuseiri_bn.jpg


hudo-san_bn.jpg


rikon_bn.jpg


kigyou-homu_bn.png

Copyright (C) 2011 守口門真総合法律事務所 All Rights Reserved.