• HOME
  • 休業損害とは

休業損害とは

1)休業損害の算定方法

休業損害とは

休業損害は,1日あたりの損害額と休業日数とを掛け合わせて算定されます。
まず,休業日数は,実休業日数を基準とし,被害者の障害の態様や実治療日数その他要素を勘案して,治療期間の範囲内で決定されます。
次に,1日あたりの損害額は,自賠責基準と裁判基準とで異なりますので,以下に分けて記載します。

2)自賠責基準

まず,自賠責基準では,1日あたりの損害額は,原則,5700円とされています。ただし,立証資料により,1日につき5700円を超えることが明らかな場合には,1日1万9000円を限度として,その実額が支払われます。

3)裁判基準

他方,裁判基準では,事故前の収入を基礎として,1日あたりの基礎収入額を算定し,これをもって1日あたりの損害額とします。
具体的には,給与所得者であれば,事故直前の3カ月の平均収入を用いて基礎収入を算定します。また,事業所得者であれば,事故前年の申告所得額を用いて算定します。さらに,家事従事者(主婦あるいは主夫)については,賃金センサスの平均賃金を用います。

4)お伝えしたいこと

休業損害について保険会社と交渉するには,他の損害項目以上に,十分な専門的知識と経験が必要です。保険会社の提示に納得がいかない場合には,遠慮なく,弊所にご相談ください。

 

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

 

アクセスマップ

TOPへ戻る


 

事務所概要

大阪府守口市寺内町2-7-27
富士火災守口ビル5階

外観

アクセスマップ 

アクセスマップ

アクセスはこちら 

事務所紹介

守口門真総合法律事務所
営業時間9:00~18:00
〒570-0056
大阪府守口市寺内町2丁目7番27号 富士火災守口ビル5階
京阪守口市駅西出口徒歩1分

jimusho_bn.jpg

saimuseiri_bn.jpg


hudo-san_bn.jpg


rikon_bn.jpg


kigyou-homu_bn.png

Copyright (C) 2011 守口門真総合法律事務所 All Rights Reserved.