• HOME
  • 事故に遭ったらすべきこと

事故に遭ったらすべきこと

1)交通事故の届出

事故に遭ったらすべきこと

まずは警察を呼んで,交通事故が発生した事実をきちんと届け出ましょう。届け出をしなければ,後々事故が発生した事実そのものや事故状況を証明することが困難になる場合があります。
そもそも車両の運転者が交通事故を起こした場合,道路交通法で運転者には警察への報告義務が課されています(道路交通法第72条1項)。それにも関わらず,軽微な事故である,点数が減らされるのを避けたい,相手方から警察に届け出ないように働きかけられた等の理由で警察に届け出なかった場合,後に相手方と揉めたときに困るのはあなた自身です。

2)相手方の連絡先及び保険会社の確認

相手方の携帯電話番号等の連絡先と,自動車保険に加入しているか否か,加入しているのであればどこの保険会社かを必ず確認しましょう。
特に,相手方の連絡先は事故現場においてご自身で確認をしておかないと,後日警察に問い合わせたとしても,個人情報に当たるとして警察はあなたに教えてくれません。そのため,きちんと相手方の連絡先を聞いておかなければ,相手方と連絡をとることが難しくなってしまう可能性があります。

3)病院での診察

交通事故によりお怪我をされた場合,出来るだけ当日中,遅くとも翌日には病院の診察を受けるようにして下さい。また,事故当日は,事故にあった精神的動揺等から痛みを感じなかった場合でも,少し時間が経って落ち着いてから痛みが出てくる場合もあります。いずれの場合でも,お身体の異変や痛みを感じた場合には,我慢せずに早急に病院での診察を受けて下さい。
そして,病院で診断書を作成してもらったら,必ず当該交通事故を届け出た警察署に診断書を提出して下さい。診断書を提出することによって,当該交通事故が人身事故として扱われることになり,原則として事故が検察庁に送致されます。

 

事務所紹介

 

弁護士紹介

 

料金表

 

アクセスマップ

TOPへ戻る


 

事務所概要

大阪府守口市寺内町2-7-27
富士火災守口ビル5階

外観

アクセスマップ 

アクセスマップ

アクセスはこちら 

事務所紹介

守口門真総合法律事務所
営業時間9:00~18:00
〒570-0056
大阪府守口市寺内町2丁目7番27号 富士火災守口ビル5階
京阪守口市駅西出口徒歩1分

jimusho_bn.jpg

saimuseiri_bn.jpg


hudo-san_bn.jpg


rikon_bn.jpg


kigyou-homu_bn.png

Copyright (C) 2011 守口門真総合法律事務所 All Rights Reserved.